脳波

2019年5月

前回も紹介した「脳力開発研究所」では、かれこれ40年にわたり脳波の研究を続けていますが、最近注目している周波数が7.8Hzです。

脳波について

http://nouhasokutei.jp/

 7.8Hzについて

https://www.mentaltrainingstore.jp/view/item/000000000342?category_page_id=mental-book

そもそも、どういう時に7.8Hzが計測されやすいのか(されにくいのか)。7.8Hzさえ出ていれば良いのか(そんな単純な話ではないのか)など、まだ分からないことも多いのが正直なところ。その一方で、7.8Hzに注目が集まり過ぎるあまり、それ以外の周波数がなおざりにされてしまうこともあるため、そこは、きちんと伝えていく必要があると感じています。

アルファテック7を使用して脳波を読み解けるようになりたい方向けの講座

http://mentalwellness.jp/kouza/neurofeedback/

講座への参加が難しい方などに向けたWEB勉強会

http://mentalwellness.jp/other/internet/neurofeedback-2/

脳波を深く読み解くには、ある程度の実践経験が不可欠とはいえ、きちんと理解できるようになると、思いがけない発見も増えてきます。 脳波を測れば何でも分かるとは申しませんが、新たな視点を得られることは間違いありません。「脳波は全く勉強したことがないので…」と不安がる方もいらっしゃいますが、大丈夫。ちょっと話を聞いてみたい程度でも、もっと積極的に質問したいという方でも、少しでも興味があれば、ぜひご参加ください。

2019年3月

MWT協会が提供する脳力トレーニングでは、脳力(能力)を高めることと併せて、本来の脳力(能力)をきちんと発揮できるようにすることも重視しています。

ここでの脳力とは、脳の働きのこと。そして、トレーニングとしては、メンタルトレーニング(メンタルウェルネストレーニング)とビジョントレーニングを中心にお伝えしていますが、メンタルにしてもビジョンにしても、煎じ詰めれば脳の働きのことで、当然、お互いに関連し合っています。そのため、メンタルに課題があればビジョンにも影響が出やすく、ビジョンに課題があればメンタルにも影響が出やすくなるというわけです。

もちろん、自分をモニタリングするという意味では、脳波(ニューロフィードバック)も重要でしょう。セルフコントロールの基本はセルフモニタリングにありますし、メンタルウェルネストレーニング自体、元々は脳波の研究から生まれたトレーニングですので。

「身心両面からのアプローチで本来の脳力に磨きをかける」。強い忍耐力を要するようなトレーニングでは、長続きしにくいと感じる方も多いでしょうから、どのトレーニングも楽しみながら取り組めるように工夫しています。興味がある方は、ぜひご参加ください。

2019年1月

2019年から、ニューロフィードバック(脳波)指導者資格認定講座を開催します。ニューロフィードバック(脳波)という表現を使っていますが、実際には、脳波測定機アルファテック7について学ぶ講座です。

 アルファテック7:https://nouhasokutei.jp/

2級:https://mentalwellness.jp/kouza/neurofeedback/neuro2/

1級:https://mentalwellness.jp/kouza/neurofeedback/neuro1/

2017年から販売を開始したアルファテック7ですが、能力開発分野の脳波には、臨床脳波ほどの参考文献があるわけでもなく、そうなると勉強しようにも、どう勉強したら良いか分からない…と感じる方も多かったと思います。 そこで、脳波の基礎から計測事例の分析まで、じっくりと学ぶための機会を設けました。アルファテック7の更なる有効活用を模索する方など、ぜひご参加ください。

2018年12月

本日12月5日(水)21時~、テレビ朝日で放送される「相棒season 17」内で、脳波測定機アルファテック4が使用された模様です(最新機のアルファテック7ではありません)。

第8話「微笑みの研究」

収録に立ち会ったわけでもなく、編集した映像を確認したわけでもないので、本当に撮影に使われたのか?どのように(どのくらい)使われたのか?など分からないことだらけですが、「相棒」自体も人気長寿番組で、面白いはずですので、アルファテックが登場するかどうかも含めて楽しみながらご覧ください。

ちなみに、アルファテックが使用された近年の代表的な事例は、こちらです。

実際のサーキット場(富士スピードウェイ)で撮影しましたが、こんな環境でも、きちんと測ることが出来ました(って本当はスゴイことなんですけど、そこまでは伝わらないですよね)。

AM3:00に現地集合、AM5:00に撮影開始、PM7:00に現地解散とか、スケジュール的には過酷でしたけど、あの日の美しい星空は今でも記憶に残っています。